ValuesSSL RapidSSLサーバー証明書のAndroidスマートフォン対応につきまして

ValueSSL ValueSSL ValueSSL

RapidSSLサーバー証明書のAndroidスマートフォン対応につきまして

お客様各位

2010年12月10日以降発行分より、ジオトラスト社RapidSSLのルート証明書が1024bitから2048bitに移行しました。これに伴い、ルート証明書が「Equifax Secure Certificate Authority」から「Geotrsut Global CA」に変更となりました。
OS Android搭載のスマートフォンでAndroid 2.2 よりも古いバージョンでは、新しいルート証明書「Geotrsut Global CA」を搭載していません。このためAndroid 2.2 よりも古いバージョンのスマートフォンでSSL通信をした場合には、エラーの警告が出ます。
※Android 2.2 以降のバージョンでも機種によりましては、「Geotrsut Global CA」を搭載していないものもあります。

ジオトラスト社ではこれに対応するため、Android の古いバージョンが搭載している旧ルート証明書「Equifax Secure CA」から認証されたクロスルート証明書を提供しています。クロスルート証明書をインストールすることにより、「Equifax Secure Certificate Authority」と「Geotrsut Global CA」のどちらかを搭載していればSSL暗号化通信ができます。

対象プロダクト:
ジオトラスト RapidSSL(Geotrust RapidSSL)

以下のマニュアルを参照にして、クロスルート証明書を設定して下さい。
ジオトラストRapidSSL クロスルート設定手順(For Android)

参考資料:米国ジオトラスト社RapidSSL事業部 サポートページ

https://knowledge.rapidssl.com/support/ssl-certificate-support/index?page=content&id=SO16590

最終更新日 2011 年 1 月 21 日 金曜日 RSS 2.0

-