ValuesSSL Google社 ChromeのSymantec社証明書の非認証(警告エラー)スケジュール(2)

ValueSSL ValueSSL ValueSSL

Google社 ChromeのSymantec社証明書の非認証(警告エラー)スケジュール(2)

お客さま各位

ZERONET株式会社
2017年12月13日

平素はValueSSLをご利用頂き誠にありがとうございます。

2017年12月1日よりシマンテックグループ(Symantec、GeoTrust、Thawte、RapidSSL)はDigicert新システム基盤に移行しました。

2017年12月1日以降に発行されたサーバ証明書

2017年12月1日以降は新規取得・更新取得・再発行取得にかかわらず、すべてのサーバ証明書はDigicert新システム基盤から発行となりました。
Digicert新システム基盤から発行された証明書はGoogle Chromeの非認証(警告エラー)の影響はありません。

2017年11月30日以前に発行されたサーバ証明書のChrome警告エラーの回避策

2017年11月30日以前にシマンテックグループ(Symantec、GeoTrust、Thawte、RapidSSL)から発行されたサーバ証明書はGoogle Chromeの非認証(警告エラー)の影響があります。
以下の対象(1)の(B)または対象(2)の(B)に合致するSSLサーバ証明書をご利用中のお客様は、SSLサーバ証明書の再発行・再インストールが必要となります。該当のお客様には、個別にメールにて再発行のご案内を送付させていただきます。

対象(1):2016年5月31日以前に発行されたSSLサーバ証明書
※Chrome 66 ベータ版(2018年3月15日リリース予定)から警告が出ます

(1)-(A)有効期間の終了日が2018年3月14日以前の場合
Chromeの非認証(警告エラー)の影響はありません。再発行は必要ありません。
※通常どおり更新手続きを実施して下さい。更新時に新システム基盤から新しい証明書が発行されます。
 
(1)-(B)有効期間の終了日が2018年3月15日以降の場合
2018年3月15日以降にChromeの非認証(警告エラー)の対象となります。
2018年3月14日までに再発行を実施し、再発行で取得した証明書をインストールする必要があります。
※2018年1月中旬頃までに申請ごとに再発行のご案内メールをお送りします。
※お急ぎのお客様は弊社からの再発行のご案内を待たずに、すぐに再発行申請を実施しても問題ありません。
※再発行は無料です。

 

対象(2):2016年6月1日〜2017年11月30日までに発行されたSSLサーバ証明書
※Chrome 70 ベータ版(2018年9月13日リリース予定)から警告がでます。
※Chrome 70 安定版は2018年10月16日リリース予定です。
※上記のリリース日は変更となる場合がございます。

(2)-(A)有効期間の終了日が2018年9月12日以前の場合
Chromeの非認証(警告エラー)の影響はありません。再発行は必要ありません。
※通常どおり更新手続きを実施して下さい。更新時に新システム基盤から新しい証明書が発行されます。
 
(2)-(B)有効期間の終了日が2018年9月13日以降の場合
2018年9月13日以降にChromeの非認証(警告エラー)の対象となります。
2018年9月12日までに再発行を実施し、再発行で取得した証明書をインストールする必要があります。
※2018年1月中旬頃までに申請ごとに再発行のご案内メールをお送りします。
※2018年7月時点でまだ再発行をされていない場合は、再度2018年7月中旬頃に再発行のご案内メールをお送りします。
※お急ぎのお客様は弊社からの再発行のご案内を待たずに、すぐに再発行申請を実施しても問題ありません。
※再発行は無料です。

再発行の詳細手順は下記のぺージをご参照下さい。
■再発行手順の詳細はこちら

お客様には大変ご不便・ご迷惑をおかけして恐縮ではございますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

最終更新日 2017 年 12 月 13 日 水曜日 RSS 2.0