ValuesSSL 早急にSHA-1からSHA-2へ移行の注意喚起

ValueSSL ValueSSL ValueSSL

早急にSHA-1からSHA-2へ移行の注意喚起

お客さま 各位

平素はValueSSLをご利用頂きありがとうございます。

「SHA-1」のサーバ証明書をご利用のユーザー様につきまして、
セキュリティ情勢の変化により、認証局から「早急にSHA-1からSHA-2へ移行するように」注意喚起がございました。

SHA-1をご利用中のお客さまは、できるだけ早急にSHA-1からSHA-2へ移行をお願い致します。
すでにSHA-2に移行済の場合は、以下の内容は読み飛ばしていただいて問題ありません。

認証局が「早急にSHA-1からSHA-2へ移行するように」注意喚起を出しました経緯は以下のとおりです。
2015年10月8日、暗号解読の国際研究者チームが
Webサイトでの認証やデジタル署名に使われるハッシュ関数の「SHA-1」について、廃止の時期を早める必要があるとの勧告を出しました。
研究者らによると、あと数ヶ月もすれば現実的なコストでSHA-1を使った証明書の偽造が可能になるため、SHA-1の廃止スケジュールを前倒しすべきだと勧告しています。

これらの勧告を受けて、主要ブラウザで2017年1月1日よりも早い時期に
「SHA-1」を利用停止する可能性があります。
また、認証局では、現在SHA-1を利用中の場合は、できるだけ早急にSHA-1からSHA-2に置き換える(再発行)ように警告を出しました。

——————————————————————
■認証局の2015年10月19日付けの警告
——————————————————————
シマンテック(英語)
https://knowledge.symantec.com/kb/index?page=content&id=INFO2848&actp=search

ジオトラスト(英語)

https://knowledge.geotrust.com/support/knowledge-base/index?page=content&id=INFO2851&actp=search

ソート(英語)
https://search.thawte.com/support/ssl-digital-certificates/index?page=content&id=INFO2849&actp=search

——————————————————————
■SHA-2版の再発行につきまして
——————————————————————
SHA-1版をご利用中の場合は、SHA-2版を再発行で取得し、ご利用のサーバに置き換えて下さい(再インストール)。
ValueSSLの会員ページにログインして、該当の注文欄にある「再発行要請」ボタンをクリックして、SHA-2版の再発行要請を提出して下さい。(再発行は何度でも無料です)

再発行について「よくあるご質問」は下記のページをご参照下さい。
http://faq.valuessl.net/?cat=57

——————————————————————
■使用中の証明書がSHA-1なのか、わからない場合
——————————————————————
弊社にてお調べいたしますので、下記のお問合せフォームより
コモンネームを添えてお問合せ下さい。
https://valuessl.net/otoiawase/index.php

最終更新日 2015 年 10 月 20 日 火曜日 RSS 2.0

-