ValuesSSL Google Chromeによる警告/エラー表示につきまして(Google社の最終計画案)

ValueSSL ValueSSL ValueSSL

Google Chromeによる警告/エラー表示につきまして(Google社の最終計画案)

お客さま各位

2017年08月01日

平素はValueSSLをご利用頂き誠にありがとうございます。

シマンテックグループ(Symantec, GeoTrust, RapidSSL, Thawte)のSSLサーバ証明書のGoogle Chromeによる警告/エラー表示につきまして、2017年7月27日にGoogle社から最終計画が提案されました。
Google社の最終計画案の日程概要は以下のとおりでございます。
Google社の最終計画案の日程は当初の予定よりも遅くなっております。
Chromeによる警告/エラー表示は当初は2017年8月8日以降の予定でしたが、
最終計画案では、2018年3月15日以降の予定となりました。

なおGoogle社の最終計画案の日程は2017年12月1日までにシマンテック社が新しいシステム基盤へ移行することを前提としております。
以下のGoogle社の日程計画につきましては、変更となる可能性もございます。

————————————————————————————–
Google社最終計画案の日程概要
————————————————————————————–
【A】2016年6月1日より前に発行(再発行を含む)のSSL証明書

(1) 証明書の終了日が2018年3月15日より前の場合
警告エラーの対象にはなりません。特別な作業は必要ありません。

(2) 証明書の終了日が2018年9月13日以降の場合
警告エラー Chrome66から警告エラーを表示の予定。
Chrome66のリリース予定は以下のとおりです。
(ベータ版)2018年3月15日リリース予定。
(安定版)2018年4月17日リリース予定。
回避策 2017年12月1日~2018年3月15日までに再発行が必要。
(ご注意)
2017年12月1日より前に再発行した場合は、
Chrome70から警告エラーの対象となるため
2017年12月1日~2018年9月13日までにもう一度再発行が必要。

(3) 証明書の終了日が2018年3月15日以降で2018年9月13日までの場合
警告エラー Chrome66から警告エラーを表示の予定。
Chrome66のリリース予定は以下のとおりです。
(ベータ版)2018年3月15日リリース予定。
(安定版)2018年4月17日リリース予定。
回避策 2018年3月15日までに再発行が必要。

 

【B】2016年6月1日から2017年11月30日までに発行(再発行を含む)のSSL証明書

(1) 証明書の終了日が2018年9月13日より前の場合
警告エラーの対象にはなりません。特別な作業は必要ありません。

(2) 証明書の終了日が2018年9月13日以降の場合
警告エラー Chrome70から警告エラーを表示の予定。
Chrome70は(ベータ版)2018年9月13日リリース予定。
(安定版)2018年10月23日リリース予定。
回避策 2017年12月1日~2018年9月13日までに再発行が必要。

 

【C】2017年12月1日以降に発行(再発行を含む)される証明書

警告エラーの対象にはなりません。特別な作業は必要ありません。

最終更新日 2017 年 8 月 2 日 水曜日 RSS 2.0

-